-謝辞 奉納作品 – 命の礼拝 / 大地の礼拝 / 水の礼拝 出雲滞在制作 奉納祭

-謝辞- 「土に寄り添い、土地と人々を結ぶ」
奉納作品 – 命の礼拝 / 大地の礼拝 / 水の礼拝 – 出雲滞在制作 奉納祭を終えて。
*English version is below.



活動報告は長文となっておりますので、下記↓↓から画像でもご覧いただけます。
[こちらをクリック]

Greetings of gratitude.
“Nestling close to the soil, and braiding the spirit of the land with the souls of its dwellers.”
Staying and Creating in Izumo, Concluding Dedication of Artworks (Worship of Life, Worship of the Earth, Worship of Water) at the Dedication Festival

The activity report is long, so you can view the image below.
[Click here]

[土と人 / 土地と人 / 人と人が結ばれる喜び]

Soil and human / Land and dwellers / The joy of uniting person and person

土を拝み、土に祈る。生と死をそばに置く。そして今ここを、慈しむ。
生命を循環させてくれる土。その土に着く人。
現代とこれからの、土地と人の関係性を見つめる。

Bowing to the land, praying to the soil.
Placing life and death close at hand.
And cherishing this moment here and now.

The soil that enables the circulation of life.
The individuals who touch that soil.
Examining the relationship between modern times and the future, between the land and its people.


5月から約3ヶ月に及ぶ滞在制作と奉納祭が、全国のサポーター様、地元島根の皆様のおかげで無事に終えることができましたことをご報告いたします。

I would like to report that the three-month staying and creating in Izumo, concluding dedication of artworks that started in May was able to be completed successfully thanks to supporters from all over the country and everyone in Shimane who was involved.

出雲大社 奉納 「命の礼拝」

Dedicated to Izumo Taisha Shrine “Worship of Life”

出雲大社での奉納祭は、前々日と記録的豪雨と災害が続き、お祭りの開催が心配される中でしたが、当日は一転、お天気に恵まれ、晴れ間の中で無事に奉納祭を迎えることが叶いました。
多くの方々にご参列いただきましたことを心より感謝申し上げます。

The previous two days of record-breaking rainfall and disasters had us worried about holding the festival at Izumo-taisha Shrine, but the weather turned around on the day of the festival and we were able to hold the dedication festival safely in the clear skies.
I would like to express our sincere gratitude to the many people who attended the festival.


北島國造館 奉納 「水の礼拝」

Dedicated to Kitajima Kokusokan “Worship of Water”

万九千神社 奉納 「大地の礼拝」

Dedicated to Mankusen Shrine “Worship of the Earth”

「自分の身体は、島根県の土、日本の土で細胞が構成されているんだな。」地元を離れて芸術の元を辿ったときに気がついたことでした。


そして、それは一人、一人、誰の中にも同じように「その人にとっての土地と土が存在する」ということがわかりました。

“I guess my body is made up of cells from the soil of Shimane Prefecture, of Japan.” This is what I realized when I left my hometown and traced the source of my art.
And I found that it is the same in each and everyone of us, “the land and soil exist for that person”.

人と大地は大きな結びで繋がっている。

目には見えないけれど、この世界のバランスをとっている何か美しい存在がいる。
幼少期の頃、森の中で寝ていたときに知れたのは表土と自分には境目なんか無くて、「いつか土に還っていく」その確かさが自分にとっての本当の世界でした。


今回の滞在では自身が「土地の恵である“土”そのもの」にフォーカスすることによって、それを表現し伝えることができるかもしれないという可能性を試みたものでした。

People and the earth are connected by a great knot.
Although we cannot see it with our eyes, there is something beautiful that keeps the balance in this world.
When I was a child, sleeping in the forest, I knew that there was no boundary between the topsoil and myself, and the certainty that “one day I will return to the soil” was the true world for me.

This project was an attempt to explore the possibility of expressing and communicating this by focusing on the “soil itself,” which is the blessing of the land.

出雲滞在中は、神道の世界を身近で学び、制作や現地の子どもたちとのWS活動、関わる方々を通じて「土地と人々を結ぶとは一体何だろう?」と模索、実験を繰り返す日々でした。
思い返すと、今までの制作活動で、一番苦しい期間だったと思います。

During my stay in Izumo, I learned about the world of Shinto closely, and through my creations, workshop activities with local children, and the people involved, I spent my days exploring and experimenting with the question, “What does it mean to connect the land and dwellers?’’
Looking back, I think it was the most difficult period of my art production career so far.

そして、それは「命(いのち)を礼拝する」ことから始まる。
ということに気がつく旅となりました。

And that begins with “worshiping life.”
It was a journey that made me realize this.

まず、「自分の命を礼拝する」こと、そこから縁があり結ばれていった「土地の方々の命を礼拝する」こと、そして、その方々が住まう「大地の命を礼拝」する。ということでした。


だからこそ、土地の人々にとって信仰の対象である出雲大社や神社に奉納するということは、重要な意味を持つことになると再確認することができました。

First, “worship your own life”, then “worship the lives of the people in the land”, with whom we have ties and connections, and then “worship the life of the land where these people live”. That’s what it means.

For this reason, I was able to reaffirm the importance of dedicating to Izumo Taisha and other shrines, which are objects of faith for the local people.

自分を尊ぶことは、頭で分かっていてもなかなか難しいことだと実感しています。
でも、全てはそこから始まり、それが「命の礼拝」という作品のタイトルに繋がっていきます。
そして、水玉によって生まれた円の一つ一つは、今回の活動で関わってくださった方々の命、土地に住まう方々の命を表現しています。

I realize that respecting yourself is quite difficult even if you know it intellectually.
But everything starts from there, which leads to the title of the work, “Worship of Life”.’ Each circle created by the polka dots represents the lives of the people involved in this activity and the lives of the people living in the area.

これが正解という形であったのかは今もわかりません。しかし、滞在を経て、最初の作品として奉納させていただけたことは自身の芸術活動の軸において非常に重要な意味を持ったと感じています。

I still don’t know if this was the correct answer. However, I feel that being able to dedicate this work as my first work after my stay there had a very important meaning in the axis of my artistic activities.


[ 作品について ]
・出雲や地元の土地で採取した、砂鉄の黒を闇として捉え、稲佐の浜の砂を素としてとらえて、
水を落とした衝撃波に、闇から円が生まれて光になりました。

稲佐の浜は、神様をお迎えする浜の砂として、そこから出雲大社へ向かう信仰の光の始まり。
闇から生まれた、水玉の円は命の衝撃波だったのだと気づきました。
そして、この闇は今まで表現できていなかった自分の闇そのものであると、制作後に気づきます。

[About the work]
・I took the black iron sand collected from Izumo and local lands as darkness, and the sand from Inasa beach as the raw material, and the shock wave of falling water created a circle from the darkness and became light.

Inasa Beach is the sand of the beach that welcomes the gods, and is the beginning of the light of faith heading towards Izumo Taisha Shrine.
I realized that the polka dot circles that were born from the darkness were the shock waves of life.
After completing the work, I realized that this darkness was my own darkness, which I had not been able to express until now.

このとこに気づけたのは、出雲大社の千家権宮司さまと参拝を通じてご一緒させていただく中でお話されていた会話がヒントとなりました。

「生命も何もかも、全ては闇から生まれる、だからカオスは必要なんです。」という言葉でした。
「その人がその人であること。素のままで美しく尊いことである」ということを教えていただきました。
それは、神道のベースとなる「一人一人が大地の宝であり、一人一人神様である」という思想そのものと感じました。

What made me realize this was a conversation I had with the Senke chief priest of Izumo Taisha Shrine while we often went on walks together while visiting the shrine.
His words were, ”Everything, including life, is born from darkness, which is why chaos is necessary”.

“To be who you are. It is beautiful and precious just as it is”.
I felt that this was the very idea that is the basis of Shinto: “Each person is a treasure of the earth, and each person is a god”.

[ 現地の子どもたちと土を結ぶ ]
[ Connecting local children to the soil ]

出雲の斐川町へ訪れた際、地元の万九千神社の錦田宮司様から「出雲」という言葉の由来の一つを伺う機会がありました。

雲は、無限に湧き上がるエネルギーの象徴、そして様々な形を変えて天と地を結び、循環する永遠性の象徴でもあるとおっしゃり、それは正に「無限の可能性を秘めている子どもたち」そのものであると感じました。

そのお話から発展し、出雲の土地に住まう子どもたちと共に、わたし自身が今回の滞在制作で使わせていただく、土地の土や砂を使って作品を作るWSを地元の方々の協力の元、開催させていただきました。
当初予定していた人数を超えての開催となり、参加してくれた子どもたちと川や海で砂や土を採取し、和紙に漉き込んで作る作品作りは、想像以上に楽しんでいただけました。

When I visited Hikawa-cho in Izumo, I had the opportunity to ask the chief priest Nishikida of the local Mankusen Shrine about one of the origins of the word “Izumo.”

He said that clouds are a symbol of energy that rises up infinitely, and also a symbol of eternity that changes its various forms to connect and circulate between heaven and earth, which I felt was truly “children with unlimited potential.

This story led me to hold a workshop with the cooperation of local people to create artworks with children living in Izumo, using local soil and sand, which I myself will use for my project.

The number of participants exceeded our original plan, and we were able to enjoy more than we had imagined by collecting sand and soil from the river and the sea with the children and making works of art by making them into Japanese paper.

活動の様子はこちらからご覧いただけます。
[ こちらをクリック ]

You can view the activities here.
[ Click Here ]

作品は、出雲大社前の「神門通り」の各店舗に飾られ、神社の夏祭りで展示された後、それぞれの子たちの手元へと渡りました。

The works were displayed in stores along Shinmon Street in front of Izumo-taisha Shrine, displayed at the shrine’s summer festival, and then passed to the hands of the respective children.

[ 活動の収穫、今度の活動について ]
・今回の活動は、作品のテーマを現地での滞在の中で作り上げていくところからスタートし、自分自身が土地や土にフォーカスすることによって、滞在制作や活動を通じ、人々の信仰と芸術の関係性、永続性を再確認した旅となりました。

・宗教(信仰)と芸術は元々一つであったことや、出雲大社や神社に作品が残り続けるという何百年先の作品作りについて想いを馳せる活動のスタートとなり、今後の表現や活動において、自分の中に確かな軸を見つけることができました。

・この度の出雲で出会った方々を通じて、「土地と人々を結ぶ」活動は来年以降も継続的に続けていくことが出来ることとなりました。

[ Harvest of activities, upcoming activities ]
・The theme of this activity started with the development of the work during my stay in the area, and by focusing on the land and soil myself, I was able to reconfirm the relationship and permanence between people’s faith and art through this project.

・This is the start of an activity that reminds me that religion (faith) and art were originally one, and that artworks will continue to remain in Izumo Taisha and shrines hundreds of years in the future. I was able to find a solid axis within.

・Through the people I met this time in Izumo, I have decided that I will be able to continue my activities of “connecting the land and dwellers” in the coming year and beyond.

滞在制作場所

Staying and Creating Location

この度の活動ができたのは、全国のサポーター様の皆様、お手伝いくださったたくさんの地元の皆様のおかげです。また、大切なことをいつも思い出させてくれ、信頼してくれている人のおかげです。
そして、島根県、出雲を守る神様に言い表せないほど沢山のご縁とギフトをいただいたと感じております。

This activity was made possible thanks to all our supporters from all over the country and the many local people who helped out. I am also grateful to the people who always remind me of what is important and who believe in me.

And I feel that we have received many unspeakable connections and gifts from the God who protects Shimane Prefecture and Izumo.

これからも関わってくださった方々の想いを繋ぎ、結び、形にしていきたいと思います。
そして、この出雲をスタートとして、これからも一つ一つ進めて参ります。

皆様一人一人の命の結びがたくさんのご縁を繋ぎ、彩り溢れた日々となりますことを、心よりお祈り申し上げます。

I would like to continue to connect, tie, and shape the thoughts of those who have been involved.
And with Izumo as a starting point, I will continue to move forward one by one.
I pray from the bottom of my heart that each and every one of you will have a life filled with many connections, and that your days will be filled with color and happiness.

[ 命の礼拝 ]

2023.7.10 奉納
105 × 138.3 × 5 cm
楮、石州和紙、砂鉄(折井)、砂(稲佐の浜)、水晶末、胡粉、他

この土地を守る神様、そして土地に息づく全ての生命に捧げます。

令和 五年 八月十八日 吉日
伊藤咲穂

[ Web メディア情報 ]

・出雲大社/Web
[ こちらをクリック ]

・NHK / NEWS内放送 全国版
[ こちらをクリック ]

・BSS / 記事掲載
[ こちらをクリック ]

・BSS / NEWS内 放送
[ こちらをクリック ]

・山陰中央新報 Web版
[ こちらをクリック ]

・山陰中央新報 Web版 出雲の子どもたちとのWS
[ こちらをクリック ]

[出雲大社奉納 活動サポーター様へ、順次返礼作品をお納めさせていただきます!]
齊藤司享 様
酒井裕次 様
宮田博夫 様
山内蒼月 様
(山内久義 様の産まれたばかりのお子さまのお名前)

石鍋博子 様
大橋聡司 様
柏木美和子 様
水野谷久憲 様

[ Special thanks ]
株式会社 リード・リアルエステート

[ 額縁/漉道具制作 ]
有限会社 竹下美建

Photo by / Tokura Mikio
Tsukasa Sakamoto

[Worship of life]
2023.7.10 Dedication
105 × 138.3 × 5 cm
Kozo, Sekishu Japanese paper, iron sand (Orii), sand (Inasa Beach), crystal powder, chalk powder, etc.

I dedicate it to the God who protects this land and all life that breathes on it.

Reiwa 5, August 18th, auspicious day
Sakiho Ito
[Web media information]
・Izumo Taisha Shrine / Web
[ Click here ]
・NHK/NEWS broadcast nationwide edition
[ Click here ]
・BSS / Article published
[ Click here ]
・BSS/NEWS broadcast
[ Click here ]
・San-in Chuo Shimpo Newspaper Web version
[ Click here ]
・San-in Chuo Shimpo Newspaper Web version: Work shop with children in Izumo
[ Click here ]

[I will be delivering return works to supporters of the Izumo Taisha Shrine dedication activity! ]
Mr. Moritaka Saito
Mr. Yuji Sakai
Mr. Hiroo Miyata
Mr. Aki Yamauchi (Hisayoshi Yamauchi’s newborn child’s name.)
Ms. Hiroko Ishinabe
Mr. Satoshi Ohashi
Ms. Miwako Kashiwagi
Mr. Hisanori Mizunoya
[Special thanks]
Reed Real Estate Co., Ltd.
[Picture frame/paper tool production]
Takeshita Yoshiken Co., Ltd.
Photo by / Mikio Tokura
Tsukasa Sakamoto

Posted on 2023/08/18 18:33 by 伊藤 咲穂

土地と人々を結ぶ / 子どもたちの作品展示 6月11日〜開催

土地と人々を結ぶ / 子どもたちの作品展示 6月11日〜7月後半まで出雲大社前、神門通り10店舗で展示が開催いたします。

神門通り作品展示場所MAP

1.大社門前いづも屋
2.出雲チョコレート工場 /okinogami blue cacao.s-Instagram
3.出雲タオルショップヒルズ /
4.ポンム・ベエル
5.俵まんじゅう俵屋本舗神門店
6.日の出旅館 /
7.大社珈琲 /taisha coffee-Instagram
8.みちくさ
9.THE GIFT IZUMO /the gift izumo-Instagram
10.Koharu(こはる) /Koharu-instagram

二日間のWSは当初予定していた人数を超えての開催となり、4歳〜13歳の総勢23名で、作品、タイトル共にとても個性的で力作です。
作品は、神門通り、そして神社で飾られた後、子どもたちそれぞれに贈らせていただきます。

10年後、20年後くらいに、ふと、土地の土を思い出すトリガーとなれば幸いです。

/Photo By Tokura Mikio

山陰中央新報

島根日日新聞

/出雲市WS開催、展示開催ご協力
・いずも人ネット
・出雲こどもつながる会

[ 子どもたちと土地の土との親和性についてのエピソード ]
土、土地とのつながりを子どもたちに残したいという想いから、自身が奉納する作品作りを滞在中に進める中で、地域の子どもたちにも体験できるものがないだろうかと巡らせていたとき、素材採取の為に斐川へ訪れた際、万九千神社の錦田剛志宮司さまに「出雲」という言葉の由来を改めて伺うと、様々な言われがある中の一つに、雲は無限に湧き上がるエネルギー繁栄の象徴、そして様々に形を変えて天と大地を循環する永遠性の象徴でもあるとおっしゃられ、それは正に「無限の可能性を秘めている子どもたち」そのものであると感じました。

芸術家として活動している私が感じている浜や川にある「砂」や「砂鉄」がもつ大きな価値を、そこに住む子どもたちにも再発見してほしい。そして日本の伝統文化である和紙での作品づくり、そしてその作品たちを神門通りや万九千神社にて展示することで、土、土地とのつながりを心に残してもらいたいと考えました。おそらく、作品作りの時間は「楽しかったな」や「何かしたな」という感覚だけが残ると思っていますが、その作品が残ることによって子どもたちが大人になり生まれ育った土地を離れることがあっても、10 年後、20年後、と出雲の土地を思い出すきっかけに少しでもなれば幸いです。

Posted on 2023/06/02 17:09 by 伊藤 咲穂

出雲大社 滞在制作 奉納「土に寄り添い、土地と人々を結ぶ」始動。

– 薫風の候 – 「土に寄り添い、土地と人々を結ぶ」
出雲大社 滞在制作 奉納(7月中旬)の活動が始まりました。

(旧竹下家 / 社家の一つ)

(山陰中央新報 掲載)

全国の8名(八柱)のサポーター様と共に、出雲の現地の方々に活動を支えられ、5月1日から始まった滞在制作活動は、目まぐるしく景色や、人との繋がりが広がり、自分でもこの気持ちを早く言葉にしなくては、、、と焦る一方で、言葉にならない気持ちに、時に泣き、時に笑いの日々でスタートいたしました。

(活動の初日にしめ縄の取り換えのタイミングに出くわしました。)

人と話すことができなかった幼少期から、大人になって自分の表現の想いを伝えることができている。言葉は難しいけれど、一つ一つの言葉に想いを乗せれば、何かが伝わるのではないかと思いながら進めて来られたプロジェクトです。

「自分の身体は、島根県の土、日本の土で細胞が構成されているんだな。。」
地元を離れて、自分の芸術の元を辿った時に、気がついたことでした。
そして、それは一人一人、誰の中にも同じように「その人にとっての土地と土が存在する」ということが分かりました。

そして、5年前からスタートし、本当に人の「ご縁」によって、運ばれていきました。

この、「土地と人々を結ぶ」滞在制作活動は、現地に赴き、その地域の民族性を感じながら、活動を通じ、土地の恵みである土や砂を採取し作品を作ることによって、土地と人々を結ぶということと、活動を支えてくださっている8名のサポーター様を、出雲の土地と結ぶという2つの要素があります。

奉納祭は、7月の中旬に、三日間に行われます。
詳細は改めてご報告させていただきます。

[ 作品 奉納祭 日程 ]
出雲大社 7月10日
万九千神社 7月12日
出雲大社北島國造館 7月14日

まずは、何よりも、皆様のお力添えと応援によって無事にスタートができましたことをご報告させていただき、心より感謝申し上げます。

引き続き、活動をSNSやDM等でUPさせていただきます。

皆さまにとって、素晴らしい初夏の訪れとなりますように。
皐月 吉日
伊藤咲穂

Posted on 2023/05/26 14:04 by 伊藤 咲穂

Diary,2023.03.11

作品をコレクションくださった方から、とても嬉しいご連絡をいただきました。
ご新居に飾られるとのことで、作品を傷つけずに飾るにはどうすればいいかというご相談から、メッセージをやりとりさせていただき、無事に飾られれた画像を拝見し、新居の空間がとても素敵で驚きを隠せません。。

作品は、お迎えくださる方の、非日常と、日常の一部となります。その方の感性が、作品と一体となって大切にされていくことは、制作している自分自身にとって、この上なくありがたいことです。

暖かくなり、引き続き、制作、芸術活動に打ち込んで参ります。

[WP – Circle of waves Ⅲ]
SAKUHO, 2021
Size / 72.7 × 91 × 2 cm
Material / 石州和紙、アクリル
SOLD OUT
Private collection

Posted on 2023/03/11 12:26 by 伊藤 咲穂

SB TOKYO 2023 MARUNOUCHI / Pre Night

[ TECHNOLOGY AND ARTWORK ]

awai 淡
2023
COMPOST COLOR、楮(Paper Raw Materials)
100 × 80.3 × 2.5 cm
開発 : SHi-ZEN プロジェクト/トライポッド・デザイン株式会社(https://tripoddesign.com/)
-繊細な色の色調を愛でる感性が日本の民族性には宿っている。そんな感覚を、ドットで敷き詰めた和紙の下地と掛け合わせ、生命の分解と再結合をイメージしたプロトタイプ/ awai 淡です。

コンポストと、土(茨城)の配合により、穏やかだけどまるで違う、色の世界があります。

[ 食品残渣のコンポストと土から生まれた絵の具の可能性]
わたしたちが残した食材が、絵の具や塗料となり、電気を生み出せたなら。
そんな面白い取り組みをされている、とある日本の企業さまからご依頼いただき、作品を制作させていただきました✨
先日、有楽町で開催されたSB国際会議2023の前夜祭にて展示されました。
開発中の絵の具、塗料として、
どこで採取され、どのような経緯で材料となったのかが分かる、土と水と和紙で作るという依頼の元、子どものときの泥んこ遊びに立ち返ったような感覚となりましした。

Development : SHi-ZEN Project/Tripod Design Inc.
-The Japanese ethnicity is imbued with a sensitivity that loves delicate tones of color. This prototype/ awai(淡) is a prototype that crosses such a sense with a base of Japanese paper laid with dots and imagines the decomposition and recomposition of life.
The compost and the soil (Ibaraki) are blended to create a ambiguous color gradation but different world of color.
[The possibility of paints born from compost and soil of food residues]
What if the food we leave behind could become paints and paints, and generate electricity?
We were asked to create a work of art for a Japanese company that is working on such an interesting project.
The other day, it was exhibited at the eve of the SB International Conference 2023 held in Yurakucho.
The commission to create a piece with soil, water, and Japanese paper that shows where it was collected and how it became a material was like going back to playing in the mud when I was a child.
Organizer: SB-Tokyo.com
Sustainable Brands Japan

Posted on 2023/02/16 18:39 by 伊藤 咲穂

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss