SAKUHO ITO – Sabi Washi

about

1989 : Born in Hamada City, Shimane Prefecture
2005-2009 : Architectural Course, Kure National College of Technology (Hiroshima)
2010-2014 : Textile Engineering Department, Musashino Art University (Tokyo)
Currently based in Tokyo and Shimane Prefecture
 
1989.08.19 島根県浜田市弥栄町 誕生
2005 広島県 呉工業高等専門学校 建築学科入学
2014 東京都 武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科 テキスタイル専攻 卒業
2014〜 東京都、島根県 作家活動

Sakuho encountered Japanese handmade paper while she was attending at Musashino Art University in Tokyo. She analyzed it carefully and developed the unique method of adding metal minerals to the traditional Japanese handmade paper making process to create “Sabi Washi” (rust paper).
She creates this unique Sabi Washi from the raw materials that are carefully selected and combined by herself, and the paper she makes is the only one in the world.
These materials she uses express Japanese belief on life and death, praise for aging, Japanese unique view of nature that they accept aging and imperfection as beauty, and also the appreciation toward rustic simplicity, impermanence, and imperfection which is also familiar to Japanese tea ceremony. While the sustainability is placed as the most important thing in many cases nowadays, she is asking the question why we are continuously making the products that are not biodegradable and harmful to the earth such as plastic goods.
Using Sabi Washi (rust paper) and Japanese handmade paper that are made from kozo (mulberry), mitsumata (paper bush), and ganpi (Wikstroemia sikokiana), she creates artworks, interior materials, and products. She makes Sabi Washi (rust paper) using kozo (mulberry) from Shimane, Tokyo, and Toyama and iron sand from Shimane.
 
 
大学2年生の冬、富山県五箇山にある和紙工房で楮の繊維に触れたことが契機となり、和紙や宮大工、自国の文化に深く興味を持つようになりました。五箇山の静かな雪景色のなかで、身も凍るような水に通された楮の繊維は、ただもう美しく、和紙に対しての尊敬と懐かしい親しみを感じたのを覚えています。そして、日本の古典にこそ自分の追い求める何かがあると感じ、その精神的な部分は、今の制作に大きく影響しています。
研究の末、独自の漉き方でたどり着いた紙(手漉きする際に、金属の鉱物を混ぜた「錆和紙(SabiWashi)」)をはじめ、今後も楮や三椏、雁皮、 金属の錆について研究し、制作を続けています。作家として活動するようになり、地元島根県の和紙や鉄の素材、東京や富山の原料を扱うことに重きを置いて制作しています。
そのマテリアルは、人間の生死観や、老化への礼賛、また常なるものは無いという日本独自の自然観や、日本の茶道にも通じる侘び寂びの精神を表しています。そしてそれは、微生物が分解することができない物を生み出し続ける、我々人類への問いでもあります。
また、和紙は日本において1300年より前から現代に至るまで、小さな町や村で職人が原料から育て、手漉きの和紙を作ってきました。しかし、一方で外国から安い原料を輸入し、パルプや化繊などを混ぜた紙を「和紙」として安価で売る市場の大きさに憤りを感じ、現代アートとして再価値を見出したいと考えています。

また、昨今、世界的にサスティナブルな視点が求められる中、私たちは、人間と非人間との関わり方、共存をいかにしていくかというのは大きな課題です。人類が生み出し続けているプラスチック等の生分解できない物についても、腐らないものへの問いかけとして「錆びて行くこと」「朽ちて行くこと」「老いて行くこと」「土へ還っていくこと」それは決して否定的なことではなく寧ろ美しく、その静けさ含む現象として、生きとし生けるものに与えられた平等の原理、DNAに組み込まれた答えを探り、人類の存在とは何かを問い続けたいと思います。

伊 藤 咲 穂 / S A K U H O I T O

“Solo Exhibition”
2012 “Nocturne song 8th change 2nd major” ⁄Ber nocturne
2013 exhibition―Paper making “SABIWASHI”― ⁄SHING TONG
2014.06 Open Studio “SABISHI” ⁄Higashiyamato municipal fifth junior high school
2015.03 “Going serenity” ⁄Shinjyuku Non Finito gallery
2017.07 “Fourth Nature” ⁄Art space morgenroto

“Group Exhibitions”
2007 ITSUMIKAI Architectural Design Competition /Jury Special Award
2008 “OMNIBUS” ⁄ Hiroshima National Institute of Technology,Kure College
2009 “memento-mori” ⁄ Tachibi Arts Festival TOKYO POLYTECHNIC UNIVERSITY Award
2012 “Five Art College exchange exhibition” ⁄ Musashino Art University
2013 “Five Art College exchange exhibition” ⁄ Itochu Aoyama Art Square
– “Relation A” Jinen’ s Art Studio
– “interiorlifestile h concept”⁄ Tokyo Big Sight In Musashino Art University booth
2014 Musashino Art University graduation exhibition
– “Graduation exhibition” ⁄ Aoyama spiral
– “Craft Industry Exhibition” ⁄ Roppongi le bain
– “JOIN”Jinen’ s Art Studio ⁄ Azabujuban Gallery
– “MUSABIRU” ⁄ Higashiyamato municipal fifth junior high school
– “FAD FEAR” ⁄ Artcomplex Center
– “Kamiarizuki,Iwami’s paper and spirits dance” Sekisyu-Washi Design competition
Sekisyu-Banshi Technical Committee Award
– “Coexistence exhibition 2”
Japanese cypress,Koji,Washi,Sound / Shinjyuku Non Finito gallery
– “Associate Exhibition2014” /Musashino Art University Presentation of Research Assistant Collaborative production
2015 “Coexistence exhibition3” / EARTH+GALLERY
2016 “HARUKANARU IRO UTSUROI NO MANAZASHI” / Shinjyuku Keio Plaza Hotel
– “MITSUKOSHI ART CUBE” ⁄ Nihombashi Mitsukoshi
– “KAMIGAMI Paper is Japanese spirit” / Tokyo Metropolitan Art Museum
2017 “Tokyo KIMONO show 2017”Installation Art “ZEN Circle” 
/ NIHONBASHI TAKASHIMAYA MITSUI BUILDING
– “Japanese light exhibition2017” Installation Art “TOKINE”
/ Meguro Gajoen hundred-step staircase
– “Hyper JAPAN Illuminight” / London,Tobacco Dock
2018 “Tokyo KIMONO show 2018”Installation Art “Silence”
/ NIHONBASHI TAKASHIMAYA MITSUI BUILDING
– “Japanese light exhibition2018” Illumination Art “Heartbeat”
– “TOKYO ILLUSION” ⁄ Dali Art Center Taichung 

“Activity”
2014 “88 Exhibition” Shimane’s ingredients, Rice and Shimane sake / Shinjyuku Non Finito gallery 
2015 “Sakuho AN” Food event and Permanent Exhibition / Shinjyuku Non Finito gallery
– “Business trip! Consultation furniture store WOODWORK CENTER ”TAIKEN ICHIBA”
– DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERY
2016 Wood work & Cultural workshop, Paper making instructor
/ Futako Tamagawa Yume Campus
2018 “IRODORI SAI” Tools used Japanese Tea Ceremony “USUKI” Produce by SEISOUKEN
/ Nihombashi Mitsukoshi
 
 
[個展]
2012 「夜想曲第8番変二長調」 Ber nocturne 内
2013 exhibition―錆紙漉き―シントン内
2014.06 東京都東大和第五中学校 公開制作 「さびし」
2015.03 「静けさを行く」 新宿ノン・フィニートギャラリー
2017.07 個展「第四の自然」 art space morgenroto

[グループ展]
2007 五三会建築設計競技コンペティション 審査員特別賞
2008 広島「OMNIBUS」 展 呉工業高等専門学校
2009 東京 「立美祭」 memento-mori 東京工芸大学賞 ギャラリー賞
2010 僕とアナンモザイクアートコンペティション 佳作
2012 「五美術大学交流展―結―」
2013 「伊藤忠青山アートスクエア/五美術大学交流展」
2013 「Relation A」 グループ展示 Jinen’ s Art Studio
2013 「interiorlifestile アッシュコンセプト」 MAU ブース
2014.01 武蔵野美術大学 卒業制作展
2014.01 青山スパイラルガーデン卒業制作学外展
2014.02 六本木 ルベイン (le bain) グループ展
2014.07 「JOIN 展」 Jinen’ s Art Studio 麻布十番ギャラリー
2014.09 「FAD FEAR」 新宿アートコンプレックスセンター展示
2014.11 神在月 ・ 石見の神紙 (かみがみ) が舞う 石州和紙デザインコンペ 石州半紙技術者会賞
2014.11 「共存展 2」 檜・麹・紙・音 無名館より 新宿ノン ・ フィニートギャラリー
2014.11 助手展 2014 武蔵野美術大学助手研究発表 作品共同制作
2015.06  「共存展3」無名館主催 EARTH+GALLERY
2016.04 「遥かなる色、 移ろいの眼差し」 二人展 新宿京王プラザホテルロビーギャラリー
2016.07 「MITSUKOSHI ART CUBE」 日本橋三越
2016.12 「紙神」 3 人展 東京都美術館
2017.05 東京キモノショー2017 インスタレーション作品「円相」 日本橋三井ホール
2017.07 和のあかり展 インスタレーション作品「時音」 目黒雅叙園百段階段
2017.11 ハイパージャパン Illuminight ロンドン Tobacco Dock
2018.05 東京キモノショー2018 インスタレーション作品「黙」 日本橋三井ホール
2018.07 和のあかり展 作品「鼓動」 目黒雅叙園百段階段
2018.07 TOKYO ILLUSION/東京幻境  台湾 Dali Art Center Taichung
2018.09 島根県石州和紙久保田 研修(2017.09~2018.08)
2019.01 和食新店舗 内装一部 /錆日の丸 他   サンフランシスコ
2019.07 中国 上海 展示予定
2019.08 東京都内 展示予定
2019.11 東京都内 個展予定

[活動]
2014 「88展」 お米や稲作をテーマに父が作るお酒と、無農薬米を使ったご飯展
2014 大分復興 大分のデザイン事務所の内装の一角を制作
2015 咲穂庵 料理と常設展 新宿ノン ・ フィニートギャラリー
2015.05 出張!相談家具屋 WOODWORK CENTER 「たいけん いちば」
2015.05 DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERY
2016.03 二子玉川夢キャンパス 木工 & 文化のワークショップ 紙漉き講師
2018.09 「彩り祭」星霜軒好み 錆和紙緑青薄器 展示 日本橋三越

Created By Sakuho Ito.

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss